2008年08月29日

NLPについて

こんにちは!NLP Fieldの酒井です。
今日もこちらにお越し頂いてありがとうございます。

前回は、NLPを学んでいる人も
そして、それを超えて、心理学や人をサポートする方に
非常に興味深く注目されているミルトンエリクソンを
ご紹介しました。

本当に、彼に話は尽きないのですが、
大切なことは、彼が伝えているこのことなのです。

クライアントと治療者の関係性についてです。

「すべきことは、治療者がしたいやり方で、できるやり方で、
患者に何かをさせることです。…治療は、患者がするのです。
治療者は、ただ、そのための環境や風土みたいなものを提供するだけです。それがすべてです。すべての仕事をしなくてはいけないのは、患者なのです。」
(ミルトンエリクソン入門 W・H・オハンロン著 金剛出版)


これは、前回お伝えしたグレゴリーベイトソンにも通ずるものです。

コンテキストが整えば、コンテンツが意味をなす。
コンテキストが変われば、コンテンツの意味も変わる。


エリクソンは、患者がすべてをしなくてはいけない、というのは
冷たい表現ではなく、患者がそれをできる力をもっていると信じているからなのです。

きっと、エリクソンが好きな方は、いくつか理由がありますが、
その中でも、彼の人間観に惚れているのかもしれません。


さて、今回は、こうした背景をもったNLPについて

NLPとは何ぞや?ということです。


良くあるのが、

NLPってなんですか?


「神経言語プログラミング」です。


そして、また訊かれます。


「神経言語プログラミング」って何ですか?


日本語訳だけではよくわからないのです。


そこで、NLPフィールドでは
できるだけわかりやすくこうしたものを
作ってみました。

他では、あまり説明をしていないやり方です。

ぜひご覧になってください。


NLPとは↓
http://nlpfield.jp/what_is_nlp.html


もし、あなたがNLPを説明するとしたら
どうしますか?


それでは!



posted by nlpfield at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 02NLPとは?