2008年08月05日

NLPの始まり・・・(ジョングリンダー)

こんにちは!NLP Fieldの酒井です。
今日もこちらにお越し頂いてありがとうございます。

前回は、ゲシュタルト療法のフリッツパールズについて
ご紹介しました。


そして、今日は、もう一人のNLPの創設者の一人
ジョングリンダーです。


ジョングリンダーは、もともと大学の言語学の教授をしていました。
ある時、リチャードバンドラーという面白い学生がいるという話が彼の耳に入りました。


リチャードバンドラーも、天才たちのパターンを抽出していくことはできたものの、どうやら彼らの優秀性は言語になることに気がついていました。

そこで、ジョングリンダーは、リチャードバンドラーがやっていることを言語学的な分析を行なうことで協力することから、この壮大な実験が始まったのです。


彼らは、グレゴリーベイトソンという人類学者の自宅で
バージニアサティアやフリッツパールズがしていたことを
特に言語学から分析していました。


そして、彼らは、それを一冊の本にまとめたのです。
バージニアサティアが、その本の前書きにこんなことを書いています。

「ああ、素晴らしく有能な2人の研究者の頭の中にある、優れた洞察を備えた4つの目が考察した成果を一体誰がコメントできるだろうか?この本は、二人の好奇心旺盛で、頭脳明晰な若者が、変化というものがどのように生じるかを突き止め、そのプロセスを記録することに興味を持ち、努力を続けた結果生まれたものである。・・・(略)・・・彼らは、何が起こっているかをどのように起こっているかに変える要素が何であるか、ということについて、その具体的要素を正確に説明できるのである。」

と最大の賛辞を贈っている。


そして、その本のタイトルこと
「魔術の構造」(リチャードバンドラー・ジョングリンダー著 亀田ブックサービス)という。

優秀なセラピストがその優秀性をどんな風に発揮していたか、
その優秀性を魔術にたとえ、構造を示したものである。
そして、その優秀さが、どんな人でも構造を体得すれば
使えるようにまでしていったのだ。


そして、彼らに住むところを提供し、
後に、3人目の優秀なセラピストを引き合わせた人物がいます。

NLPでは、あまり表立って紹介することはありませんが、
実は、その発展形成には、深く関わっている人物なのです。

その人物については、
また、次回のお楽しみ!


【今週のNLPクイズ】
NLPの創始者は、リチャードバンドラーともう一人は誰?

その人が、得意としていた分野は何ですか?


【今日のおまけ】

ジョングリンダーの映像
http://jp.youtube.com/watch?v=xF_f6-k_gkc&feature=related




posted by nlpfield at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 02NLPとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17653057

この記事へのトラックバック